HIKER TRASH [ ZERO DAY ]

3,190円(税込)

カラー
サイズ
購入数


“HIKER_TRASH01”

HIKER TRASHのソックスは、河戸良佑氏とソックスカンパニーROTOTOとのコラボレーション商品です。



河戸氏自身が長く荒々しいアメリカのトレイルをハイキングしながら、試作モデルをいくつも破壊し続け、ROTOTOはそのフィードバックを受けて素材から編み方まで改良。
この工程を幾度も重ね、2年の歳月を経て、ようやく河戸氏のストーリーとROTOTOのクオリティが編み込まれたソックスが誕生しました!

ブランド名の”HIKER TRASH”とは、数ヶ月もかけて気の遠くなるような長距離トレイルを歩き続けるクレイジーでクールなハイカーたちのこと。
彼らはあまりにも汚れていてゴミのようだが、そのユニークで自由な生き方から、街では皆から暖かく声をかけられる。
「ハイカートラッシュ、調子はどうだい?」



↑試作モデルをボロボロに履き潰す河戸氏。


むむ氏


河戸くんが靴下を作った!ってことで試しに履いてみましたが、今では必需品になりました。


ガレーラのアートウォールや、オリジナルTシャツのデザインなど、古くからガレーラと縁のある河戸くん。
靴下を作ると聞き、試しに履いてみたところ今では手放せないものになってしまいました。

クライミングソックスの様な薄手の靴下に慣れていると、まず足を入れた瞬間の温かみや柔らかさにびっくりすると思います。
冬の岩場での厳しいアプローチや、凍える様なレスト中にもってこいな厚みのあるメリノウール混紡のボディ。

実際、僕も冬の岩場でクライミングソックスの上から履いてますが、かなりイイです。あったかい。
脱ぎ履きもしやすいのに、歩きやすい。
これは、メリノウールをベースに、スポーツソックスなどで使用される特殊ストレッチ糸と編んでいる仕様のおかげだと思います。
フィット感も良く、河戸くんのトレイルのおかげで耐久性も抜群!

製品にはカラビナが付いていて、ソックスにカラビナを通す穴があるのでマットやリュックに引っ掛けることもできます。
岩キャンプに持っていって、洗って、カラビナに通して干すのも◎

これは、いい!と思ったものを素直に皆様にも紹介したいと思い、今回このHIKER TRASHをオンラインストアで販売することになりました!


りんちゃん


アウトドアユース以外にも、ルームソックスからお出かけまで!


柔らかく暖かな履き心地で、デザインもお気に入りなので、岩やハイキングなどアウトドアユースだけでなく普段でもついつい履きたくなります。

普通のソックスでは蒸れたり汗冷えで辛く感じる時がありますが、HIKER TRASHだとかなり調子が良いんです◎
冷えに悩む女子クライマーにもオススメです!

さらにメリノウールはあたたかいだけでなく、天然の防臭効果があるのでニオイもつきにくいのが嬉しい!


HIKE_TRASH_BODY_02

【材質】
メリノウール 79%, ポリエステル 13%, ナイロン 5%, ポリウレタン 3%

【サイズ】
S (23-24.5 cm), M (25-27 cm), L(27~29cm)


●配送は2足まで「レターパックライト・ゆうパケット3cm」がご利用可能です。
●他の商品と合わせてご注文の場合は同梱いたします。その場合、同梱の商品によっては「ゆうパック」に変更になり、送料も変更になることがあります。




河戸良佑

河戸良佑 / Ryousuke Kawato

兵庫県在住のイラストレーター。独学でイラストを描き始め、現在は多方面で活躍。
Galeraでクライミングをはじめ、今もホームジムとして足しげく通う。
2017年のGaleraリニューアルの際にクライミングウォール全体にアートペイントを手がけ、それ自体が作品となっている。

海外ハイキングも活動のひとつで、アメリカの三大トレイルである「パシフィック・クレスト・トレイル」「コンチネンタル・ディバイド・トレイル」「アパラチアン・トレイル」を踏破した。
ハイキング中に絵を描いていた事からトレイル上では「スケッチ」と呼ばれている。
その他にも自転車、釣り、スケートボードと趣味は増え続けてるばかりだ。

instagram @ryosuke_iwashi
https://www.instagram.com/ryosuke_iwashi/

… まだレビューはありません(・_・、)